おもしろ科学大実験レポート | おもしろ科学工房

おもしろ科学大実験レポート
おもしろ科学大実験レポート目次へ
<< 第11回おもしろ科学大実験トップページ | 一覧 | 巨大シャボン玉・ソーラーカー >>
サイエンスショー 超低温の不思議な世界
第12回おもしろ科学大実験
大実験2日目の5月4日(日)おいで館では
おもしろ科学工房のスタッフによるサイエンスショー
「超低温の不思議な世界」〜超電導とリニア〜
が行われました。
 
サイエンスショー 
「超低温の不思議な世界」〜超電導とリニア〜
第12回おもしろ科学大実験 第12回おもしろ科学大実験
黒い布につつまれたなぞの箱に細長い風船を入れてみます。
すると風船は小さくなってみんな箱の中に入ってしまいました。

第12回おもしろ科学大実験 第12回おもしろ科学大実験
次はダリアの花を入れてみます。
すると花は凍ってしまい、手でさわるとバリバリとくだけてしまいます。

第12回おもしろ科学大実験 第12回おもしろ科学大実験
この箱の中にはとっても冷たい「液体窒素」が入っています。
どれくらい冷たいかというと、マイナス196℃もあります。

第12回おもしろ科学大実験 第12回おもしろ科学大実験
このとても冷たい液体窒素を使うと、凍らせたバナナで釘が打てたり、
凍ったゴムボールをたたき割ったりする実験ができます。

第12回おもしろ科学大実験 第12回おもしろ科学大実験
こちらはおもしろ科学工房でないと体験できない「超電導ジェットコースター」の実験です。
液体窒素で冷やした超電導体が、ネオジウム磁石のレールの上を浮かびながら走ります。
とっても不思議な実験にみんな目がくぎづけです。

超電導の技術はリニア新幹線でも使われています。
みんなが大きくなるころには、超電導リニア新幹線が飯田を走っていることでしょう。


 

第12回おもしろ科学大実験 | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://dj.omosirokagaku.com/trackback/51
トラックバック

おもしろ科学大実験レポート目次へこのページの先頭へホームへ