おもしろ科学大実験レポート | おもしろ科学工房

おもしろ科学大実験レポート
おもしろ科学大実験レポート目次へ
<< 高橋和光先生のブース・ドライアイスてっぽう・光の科学・放射線 | 一覧 | 滝川洋二先生によるサイエンスショー >>
バルーンスライム・電気パン・飛行機凧・糸電話・浮沈子

第15回おもしろ科学大実験
5月6日と7日においで館の中で行われた各実験ブースの様子です。
○ バルーンスライムを作ろう
○ 電気パンを焼こう
○ 飛行機凧を作ろう
○ 糸電話で遊ぼう
○ 浮沈子を作ろう

バルーンスライムを作ろう
第15回おもしろ科学大実験 第15回おもしろ科学大実験
きれいな色が付けてある洗濯のりにホウ砂水溶液を加えます。
コップの中でよく混ぜるとスライムができます。

第15回おもしろ科学大実験 第15回おもしろ科学大実験
スライムを手に取り、ストローで息を吹き込むと風船のようにふくらみます。
うまくふくらませて大きな風船を作ろう。


電気パンを焼こう
第15回おもしろ科学大実験 第15回おもしろ科学大実験
牛乳パックに水とホットケーキミックスを入れてよく混ぜます。
これでパンの生地ができました。

第15回おもしろ科学大実験 第15回おもしろ科学大実験
電気パンと聞くと、電気ヒーターの熱でパンを焼くことを想像しますが、
なんとパンの生地に電流を流し、そのとき発生する熱で焼くのです。


飛行機凧を作ろう
第15回おもしろ科学大実験 第15回おもしろ科学大実験
始めに紙を折って紙飛行機を作ります。
そこに糸としっぽを取り付けると飛行機凧の完成です。

第15回おもしろ科学大実験 第15回おもしろ科学大実験
風が吹いているところならば凧として揚げることができますが、
おいで館の中では糸を持って振り回したりして揚げます。


糸電話で遊ぼう
第15回おもしろ科学大実験 第15回おもしろ科学大実験
ここでは紙コップと糸を使って糸電話を作っています。
糸を紙コップに通すのが少し難しいでしょうか?

第15回おもしろ科学大実験 第15回おもしろ科学大実験
コップとコップの間のピンと張った糸を声が伝わっていきます。
糸電話をつなげれば、たくさんの人と同時に話すこともできます。


浮沈子を作ろう
第15回おもしろ科学大実験 第15回おもしろ科学大実験
飯田市長さんが手にとって見ているのが浮沈子です。
ペットボトルの中にいる魚が浮かんだり沈んだりします。

第15回おもしろ科学大実験 第15回おもしろ科学大実験
この魚はお弁当などに入っている魚の形をしたしょうゆ入れです。
ペットボトルを握ったときの圧力の変化を利用しています。


第15回おもしろ科学大実験 | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://dj.omosirokagaku.com/trackback/66
トラックバック

おもしろ科学大実験レポート目次へこのページの先頭へホームへ